読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわな気分 

旅行と文房具 @YOKOHAMA

エジプト旅行記(ルクソール西側編)

TRAVEL エジプト

いよいよエジプト旅行記も最後となりました。ルクソール地区は西側と東側に別れて見応えのある遺跡や神殿が多くあります。西側にはツタンカーメンの墓がある王家の谷・メムノンの巨像・ハトシェプト女王の葬祭殿などが有名です。王家の谷は壮大ですが、中などはカメラが禁止のため今回は撮影しておりませんが、ツタンカーメンの墓は受付のおっさんにこそっと1ドル渡せば何故か柵を超えて中まで見せてくれるという謎の文化が昔からございます。

f:id:sho_matsushita:20150325100609j:plain

王家の谷に向かうにはこの乗り物に乗って行く。

f:id:sho_matsushita:20150325100655j:plain

全体的に写真がNGであるため写していないがたくさんのお墓があり見応え十分。

 

ハトシェプト女王の葬祭殿

ハトシェプスト女王葬祭殿は、エジプト・ルクソール西岸にある古代エジプト唯一人の女性ファラオ、ハトシェプストが造営した葬祭殿。ハトシェプストの側近で建築家センムトが設計を行った。後にトトメス3世によって壁画や銘文が削られるなど一部破壊を受けた。手前にはメンチュヘテプ2世の王墓があり、あわせて、デル・エル・バハリ(Deir el-Bahri。アラビア語で「北の修道院」の意味。後にコプト正教会の教会として使われていたため)とも呼ばれている。(Wikipedia参照)

ここは1997年にルクソール事件があった場所で多くの日本人が亡くなっている。

f:id:sho_matsushita:20150325101244j:plain

多くの観光客がやってくる場所である。

f:id:sho_matsushita:20150325101539j:plain

エジプトの子供達の遠足場所のようでみんな純粋である。

f:id:sho_matsushita:20150325101845j:plain

このような乗り物で祭殿まで連れてってくれます。

f:id:sho_matsushita:20150325102306j:plain

かなり壮大な葬祭殿ですね。

f:id:sho_matsushita:20150325102741j:plain

 祭殿からの眺めも素晴らしい!(エジプトの子供達が多くやってきます)

f:id:sho_matsushita:20150325103025j:plain

エジプトの子供達と一枚。(外国人が珍しいとのことです)

f:id:sho_matsushita:20150325103328j:plain

葬祭殿も見応えのある作りです。

f:id:sho_matsushita:20150325103529j:plain

エジプトの子供と記念に一枚。(アラビア語の挨拶などをこの時には覚えていたのでコミュニケーションが美味くなりました。)

 

メムノンの巨像

メムノンの巨像は、エジプト・ルクソールのナイル川西岸にある2体のアメンホテプ3世の像。呼び名はギリシアの伝説、トロイア戦争に登場するエチオピア王メムノーンに由来。高さ約18m。元々は、背後に同王アメンホテプ3世の葬祭殿が控えており、その入口の部分であった。葬祭殿は第18王朝ファラオ・メルエンプタハが自身の葬祭殿の石材調達のため破壊した。
向かって右側の像は紀元前27年の地震によりヒビが入り、夜明けになると、おそらく温度差や朝露の蒸発のせいで、うめき声や口笛のような音を発していた。この現象を最初に報告したのは地理学者のストラボンだった。彼は巨像が声を出しはじめてからまもなくして、エジプト総督アウレリウス・ガルスとそれを見物している。ストラボンは著書においては巨像が発している声なのか、近くにいる人間が声を出しているのか解らないと疑問を呈している。(Wikipedia参照)

f:id:sho_matsushita:20150325104526j:plain

こちらは世界遺産ですが入場無料。現在は入り口の巨像しか残っておりません。

f:id:sho_matsushita:20150325104726j:plain

f:id:sho_matsushita:20150325104916j:plain

正面向かって右側の巨像から人が見えますね(修理しているみたいです)

f:id:sho_matsushita:20150325105147j:plain

近くには田んぼも見ることができます。