読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわな気分 

旅行と文房具 @YOKOHAMA

実際やってみた仕事後の弾丸旅行で行ける香港1泊4日の旅をご紹介いたします!!午前はパンダツアーを利用(2日目午前)

TRAVEL 香港

香港弾丸の旅2日目。

空港からホテルまで

2日目といっても実質は初日。飛行機は予定より早くついて4時50分に別にありがたくなく着きました。(早すぎるので...)

f:id:sho_matsushita:20150331152835j:plain

人はほとんどいませんが、香港の飛行場は広いので出国審査ではまずまず並ぶことになりますので注意は必要です。

f:id:sho_matsushita:20150331153003j:plain

出国審査を抜けたら両替場があるので香港10ドルのみ両替して、出口すぐにあるコンビニで水などを購入。(すぐにチェックインできないし朝早いのでここで水分買っておくのは良かった選択だと思います)。

ホテルまで送迎してくれるバスに何組か乗るとのことで全員が集まるまで少し待っての出発。各自のホテルに順番に送迎してくれる。(九龍地区だけ)バスにて日本円を両替してもらい両替は完了。

この送迎のバスが香港のどっかのツアー会社のバスのため、ホテルに荷物を預けてこのままバスでツアーをする組もいたが、私達は日本でHIS経由で別のツアーに予約していたため、ホテルまで送ってもらい帰りの時間はまた電話するとのことでこのバスとは別れる。(私たちのホテルはカオルーンシャングリア)荷物はホテルで預かってくれるので適当英語で預かってもらった。

それでもまだこの時は7時半ぐらいで9時のツアーに申し込んでおり、近くのホテル集合のため(尖沙咀のカオルーンホテル)しばらく散歩で時間を潰してみた。

f:id:sho_matsushita:20150331154147j:plain

尖沙咀の先端にはおなじみペニンシュラがあり集合場所のカオルーンホテルからもすぐ近くのため少しホテルの椅子に座ったりしながらもこの辺をうろうろしてみた。

f:id:sho_matsushita:20150331154338j:plain

それにしても立派ですなあ(なんかバスが飾ってありました)

 

午前はパンダツアーで香港島午前限定ツアーに申し込んだ

そんなこんなで9時にカオルーンホテルに集合していたツアーは午前限定の香港島ツアーと昼食飲茶セットでした。このツアーは午前限定で香港島をある程度メジャーなとこだけ回るツアーで1日ツアーもあったのだが、凝縮した弾丸ツアーのため午前で申し込んだ。金額は1人約7000円である。昼食抜きもあるみたいだが、+の値段でペニンシュラで飲茶コースもあり、私達はペニンシュラ飲茶を付けてみた。1人13000円ぐらいになってしまうが、ここはスタート時のため手堅くツアーを申し込んだ。

www.pandabus.com

何故このツアーを選んだのか?

香港島のツアーは九龍から地下鉄で行けるが少し立地的にややこしそうなのでツアーを選んでみた。また午前でないと混雑してしまい、弾丸では時間がおしいためこのツアーを申し込んだ。そして1番は飛行機疲れでついたばっかで馴れない街をあれこれ探索するしんどさと、移動をバスで行うことで疲れさせないことが理由である。

私は男性なので体力があるが、やはり女性はなれない移動で疲労困憊のためこういったツアーにあえて申し込むのも1つの手ではあると思う。

そして1日で大雑把に香港を味わいたいので午前限定で探しこのツアーにたどりついた。午後はチェックインしてから尖沙咀から女人街などを巡るので午前限定はとても良かった。尖沙咀近辺にホテルを取っていたのでこの流れにしたことが1番大きい。

パンダバスの香港午前ツアーの内容

①文武廟

カオルーンホテルで集合したのちバスで香港島を渡り(2カ所のホテルでお客さんを乗せて)まずは文武廊という場所を見学 。

f:id:sho_matsushita:20150331160145j:plain

入り口近辺

f:id:sho_matsushita:20150331160234j:plain

上に飾ってあるのはお線香である。

f:id:sho_matsushita:20150331160326j:plain

神様が祀られている場所ですが、失礼ながら体中がお線香の匂いになってしまうため、上着を羽織らないようにする必要はあります。

f:id:sho_matsushita:20150331160520j:plain

日本の神社仏閣のようにお賽銭を入れる場所もあるため、空港のコンビニで買ったおつりがここでちゃんといきてきます。

f:id:sho_matsushita:20150331160712j:plain

全ての旅行のスタートに神様を祀る場所に来れたことは良い感じだと個人的に思う。

 

 

②ビクトリアピークへ

文武廊を後にしてビクトリアピークへと向かうバスだけど上りだけは例のピークトラムに乗っていける(ツアーは優先的に乗せてくれるのが好都合)また注意点として決して前が入り口ではないということ誘導してくれた陳さん(ガイド)にここに立っててと言われてそこにたったらピークトラムのドアがジャストの場所であって座ることができたのはとても感動した。

f:id:sho_matsushita:20150331161243j:plain

ピークトラムの入り口付近(朝早くにも関わらず並び始めている)

f:id:sho_matsushita:20150331161446j:plain

かなりの人が押し寄せてくる

f:id:sho_matsushita:20150331161534j:plain

陳さんのおかげでしっかりと座ることができました。

 

f:id:sho_matsushita:20150331161711j:plain

そんなこんなで山頂に到着

f:id:sho_matsushita:20150331161800j:plain

やはり素晴らしい眺めですね(夜景も良いけど混むのでこの時間に見ることは写真をスムーズに写すことができるという利点があります)

f:id:sho_matsushita:20150331162017j:plain

このビルからも有料展望台がついていますが、時間がないので登らず。

f:id:sho_matsushita:20150331162117j:plain

30分ぐらい自由なので頂上にあるアイスクリームをほおばる。

 

③アバディーンにてサンパン船乗船

頂上でパンダバスが待っててくれるため頂上からバスでビクトリアピークを下りサンパン船がある船着場まで行く

f:id:sho_matsushita:20150331162621j:plain

この船着場からおばちゃんの運転する船で20分〜30分ぐらいこの近辺をのんびり行く

f:id:sho_matsushita:20150331162739j:plain

海上レストラン(昔からある気がする)

f:id:sho_matsushita:20150331162917j:plain

なかなか気持ちが良いです

f:id:sho_matsushita:20150331163004j:plain

 

昼食飲茶時間(ペニンシェラの飲茶を味わう)

アバディーンにてサンパン船乗船を味わった後、九龍に戻り昼食タイムであるが、各自ツアーの内容によってばらける。

香港1日ツアーと午前ツアーの通常の方々はこのままバスでどこかの昼食場所へ行ってしまった。私達はペニンシェラ料金を払ったため、陳さんにペニンシェラまでついてきてもらい予約のやり取りと支払いなどを完了してもらった。

私は今回、弾丸でかつある程度贅沢のツアーを考えていたためペニンシェラで食べるという目標とツアーが重なり非常に満足いくものとなった。

f:id:sho_matsushita:20150331163525j:plain

早朝に見てたペニンシェラでご飯食べる至福。

f:id:sho_matsushita:20150331163734j:plain

優雅な作り(ここのブランチもとても有名、帰るころには行列が!)

f:id:sho_matsushita:20150331163907j:plain

下にいくと中華スペースなどがある。

f:id:sho_matsushita:20150331163851j:plain

春巻きなど(お茶は無料で絶えず注いでくれてかなりサービスは良い)

f:id:sho_matsushita:20150331164038j:plain

点心(空間がよりおいしさを引き立てるのは間違いない)

f:id:sho_matsushita:20150331164114j:plain

ツバメの巣スープ

f:id:sho_matsushita:20150331164132j:plain

このしいたけジューシーでお腹いっぱい

f:id:sho_matsushita:20150331164153j:plain

ちまき君

f:id:sho_matsushita:20150331164321j:plain

弾丸ツアー初日の午前にしては圧倒的な時間を味わうことができた。

ツアーを予約することはお金の面では悩むところかもしれないが、学生旅行ではないので優雅な旅行にするには使って良かったというのが感想である。