読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわな気分 

旅行と文房具 @YOKOHAMA

1冊のノートに色々書くのが大好きなあなたにおすすめの一冊 Premium C.D. NOTEBOOK 紳士なノートのつるつる 文房具ラブ

文房具ラブ

新月の日にお願いごとをノートに書くと夢が叶うという乙女心をくすぐるような情報を嫁からゲットしたので以前、ノートを購入して書いてみることにした。

f:id:sho_matsushita:20150702072736j:plain

それがこの「紳士のノート」である。

よく東急ハンズやロフトに売っているので見たことある人も多いだろう。

 「情報は一冊のノートにまとめなさい」という本を読んだり、「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」といったノートに関する本を多々読んだりして、自分なりに導きだしたノートがこのノートを購入するきっかけとなっている。

f:id:sho_matsushita:20150702073206j:plain

ページ数はそれなりにあるA4の方眼を購入

このノートのスタートには自らの夢・目標を書いている。

あとは色々な情報や自分のチェックリストなど情報を一冊にまとめているので自由なノートとして主に家に置いて使用している。

f:id:sho_matsushita:20150702073438j:plain

このノートは方眼で圧倒的な特徴としてはシルクのような触り心地が大変素晴らしい。

また方眼が一面にあるので自由な発想で書くことができる。

そんな「紳士のノート」の利点は多々あるので少しまとめてみましょう。

 

ノートの厚さが好き

このノートそれなりに厚さがあるのでちょっとした本のような作りである。

しかし、情報を一冊にまとめることを前提としているため、新たなノートに更新されてもしっかりとした出立ちで本棚に収まることができる。

またこの厚さが持ち運びしにくいことは否めないが普段はほぼ日weeksを持ち歩いているためノートのフラッグシップとして絶対的なノートとして君臨している。

 

高級感が好き

本棚に君臨しているだけあって圧倒的な存在感は他のノートを受け付けない。

モレスキンや色々なノートを使ったが、やはり「ノート」という意味では絶対的な存在感である。

国産のノートであることも愛着が持てるが、ノートの触り心地は他のノートと差別化されペンで書いたときの書きやすさは凄いと感じる。

またお値段もそれなりにするが、そのことがノートを大事にすることにも繋がり、高いという認識はない。

 

そんな訳でノートにおいては欠点もあるがその欠点も利点に変えてしまうことができる自分だけのノートに出会うことが大事であると思う。

人によってノートの使い方は様々であるが、フラッグシップに使うようなノートとしてはこのノートを選択の1つに考えてみるのもどうでしょうか?

 

アピカ プレミアムCDノート CDS90S 5ミリ方眼罫 A5

アピカ プレミアムCDノート CDS90S 5ミリ方眼罫 A5