読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわな気分 

旅行と文房具 @YOKOHAMA

都心でやる気をアップさせたいので青山にある岡本太郎記念館で岡本太郎の言葉にふれてみた件

TOKYO

私の尊敬する人の1人である岡本太郎記念館が青山にあるので都心で少し勇気を貰いたい時には是非、行ってみることをおすすめします。

f:id:sho_matsushita:20150703080409j:plain

こちらが青山にある岡本太郎記念館である

f:id:sho_matsushita:20150703080445j:plain

青山の閑静な住宅街にあるのだが、こちらは岡本太郎本人が自宅件アトリエとして使っていた場所であり、直接、岡本太郎氏を感じることのできる記念館となっている。

f:id:sho_matsushita:20150703080646j:plain

入り口に入ると旧自宅なので美術館としては広くはないが自宅と考えれば広い。

入ると靴を脱いで見学する。

f:id:sho_matsushita:20150703080838j:plain

氏の作品が出迎えてくれる

f:id:sho_matsushita:20150703080914j:plain

入り口の横にはお土産コーナーなどもあり様々なグッズも購入することができます。

f:id:sho_matsushita:20150703081002j:plain

2階では毎回、企画展をやっており、この時は「岡本太郎の言葉展」だったが、現在は「岡本太郎の樹」という企画をやっている。

ようこそ岡本太郎記念館!←詳しくはコチラで

f:id:sho_matsushita:20150703081257j:plain

どんな言葉が響くかは人それぞれ

f:id:sho_matsushita:20150703081341j:plain

岡本太郎さんを好きになったきっかけは「自分の中に毒を持て」という本を読んだのがきっかけである。

太陽の塔を作った芸術家であることは有名だが、芸術以外にも写真やスキーなどにはまり岡本太郎さんの職業は何ですか?と聞かれた時に「職業、人間」と言ったエピソードがとても好きです。枠にとらわれず自分の好きな道を生きた生き方に大変共鳴できました。

f:id:sho_matsushita:20150703081759j:plain

2階のスペースには「太陽の塔」が置かれております。

f:id:sho_matsushita:20150703081846j:plain

さて一階に戻るとおそらくリビングだった場所に様々な作品が展示しています。

f:id:sho_matsushita:20150703082015j:plain

派手な作品は生きることに高揚した氏の作品らしいと私は思います。

f:id:sho_matsushita:20150703082128j:plain

こちらがアトリエスペース(まだみぬ作品もあります)

f:id:sho_matsushita:20150703082217j:plain

まさにアトリエ!!って感じで他の美術館にはない醍醐味です。

f:id:sho_matsushita:20150703082316j:plain

天井にも作品が展示してあります。

f:id:sho_matsushita:20150703082355j:plain

外の庭スペースにも様々な作品が置かれています。

f:id:sho_matsushita:20150703082451j:plain

こちらの作品は川崎にある岡本太郎美術館上にかなり大きい作品としてありました。

f:id:sho_matsushita:20150703082550j:plain

カフェスペースもあり、岡本太郎さんにゆっくりと触れることができる都会のちょっとしたスポットとして行ってみるのはどうでしょうか?

特に、勇気や元気をもらいたい人にはもってこいのスペースだと思います。

 

開館時間 10:00~18:00(最終入館17:30)

休館日  火曜日(祝日の場合は開館) 

    ※年末年始(12/28~1/4)及び保守点検日


観覧料  一般 \620(\520)

    小学生 \310(\210)
    ※( )内は15人以上の団体料金