読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわな気分 

旅行と文房具 @YOKOHAMA

上野美術館巡り モネ展に負けず劣らず素晴らしい日本を代表する美術館 国立西洋美術館でもう1つのモネ展を常設展でも開催

TOKYO

上野の美術館では毎回様々な展覧会が開催され多くの人で混雑してしまいます。そんな美術館巡りにおいては、常設展の国立西洋美術館は上野では外せない美術館となっています。

f:id:sho_matsushita:20151016172602j:plain

国立西洋美術館は1959年に作られ半世紀以上の歴史がある美術館です。

上野の公園に入ると右手にある好立地な場所にあります。

f:id:sho_matsushita:20151016172741j:plain

美術館前の広場には有名な彫刻が展示。

f:id:sho_matsushita:20151016172900j:plain

ロダン 地獄の門

f:id:sho_matsushita:20151016173014j:plain

ロダン 考える人

f:id:sho_matsushita:20151016173044j:plain

美術館に入ると荷物入れのロッカーもあります。

常設展は一般入場料430円で65歳以上は無料となっています。

f:id:sho_matsushita:20151016173152j:plain

結構奥まで広い構造になっています。

国立西洋美術館はフランス政府から寄贈返還された松方コレクション(印象派の絵画およびロダンの彫刻を中心とするフランス美術コレクション)を基礎に、西洋美術に関する作品を広く公衆の観覧に供する機関として、1959(昭和34)年4月に発足しました。以来、広く西洋美術全般を対象とする唯一の国立美術館として、展覧事業を中心に、西洋美術に関する作品および資料の収集、調査研究、修復保存、教育普及、出版物の刊行等を行っています。

これらの事業のうち、展覧事業に関しては、本館(ル・コルビュジエ設計、1959年)・新館(前川國男設計、1979年)において、当館設立の趣旨である松方コレクションの作品および創立以来毎年購入しているルネサンス以降20世紀初頭までの作品および寄贈・寄託作品を常設展として年間を通して開催しています。また、企画・特別展専用の展示室として1997(平成9)年度竣工した企画展示館において欧米の美術館等からの借用作品によって当館の自主的な特別展を年1回、さらに新聞社等との共催展を年2回程度開催し、西洋美術の紹介に力を注いでいます。さらに、2001(平成13)年4月からは国立美術館4館(当時)が一つの独立行政法人国立美術館に移行し、国立西洋美術館は独立行政法人国立美術館が設置する美術館の一つとなりました。(西洋美術館HPより) 

 

www.nmwa.go.jp

f:id:sho_matsushita:20151016173344j:plain

入り口に入ると2階から見学していきます。

f:id:sho_matsushita:20151016173516j:plain

彫刻も展示されていますが、著名な作品が数多く展示されています。

f:id:sho_matsushita:20151016173634j:plain

ルノワール作 「帽子の女」

f:id:sho_matsushita:20151016173826j:plain

個人的に好きな作品 カミーユピサロの「収穫」

f:id:sho_matsushita:20151016173947j:plain

こちらは多くのモネ作品が展示されています。モネ展には人が多くいますが、こちらでもゆったりモネの作品と出会えることができました。

f:id:sho_matsushita:20151016174123j:plain

モネといえば「睡蓮」

f:id:sho_matsushita:20151016174242j:plain

モネ以外にも(モネの作品もたくさん)多々鑑賞したら一階に降ります。

著名な彫刻の作品と美術館の歴史はこのゾーンで見ておくべき通り。

f:id:sho_matsushita:20151016174430j:plain

1階にも数多くの作品が展示されいます。

f:id:sho_matsushita:20151016174534j:plain

ゴッホ作「ばら」

f:id:sho_matsushita:20151016174813j:plain

新印象派の作品など色鮮やかで素敵な作品が多くあります。

f:id:sho_matsushita:20151016174951j:plain

ピカソの作品

モネ展が近くにやっていて人も多く見にくい状態となっているが、常設の西洋美術館にも素晴らしい作品が多々あり、同じようにモネの作品も多くありました。

値段も高くなく、平日なら混雑もしていないので是非一度作品を見に行く価値の高い美術館でした。

f:id:sho_matsushita:20151016175534j:plain

奥にはお土産や美術に関するモノが販売されています。

f:id:sho_matsushita:20151016175644j:plain

国立西洋美術館に関するグッズも販売

f:id:sho_matsushita:20151016175747j:plain

美術に関する本も多く売られています。

芸術の秋ということもありますが、貴重な作品に多く出会える西洋美術館はとてもおすすめの場所でした。