読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわな気分 

旅行と文房具 @YOKOHAMA

手帳にも使える トラベラーズノートの使い方 旅のお供にトラベラーズノート 大事な手帳は大事に扱おう 文房具ラブ

文房具ラブ

トラベラーズノートは最近とてもブームとなっていて多くの手帳ブログなどには以前より他の手帳を持っていた人たちもトラベラーズノートを持ち歩くようになってきている。

私も以前からトラベラーズノートを持っていてもうすでに3年目なのだが、ほぼ日手帳に行ったり、モレスキンノートに行ったりとイマイチ馴染んでいなかった

 

その理由としてはオシャレ度、デザインでは革の手触りなど含めて圧倒的にトラベラーズノートなのだが、今ひとつ中のリフィルが生活リズムと合わないことが、馴染まない理由のひとつにあげられる。

 

特に仕事の内容やプライベートでの自己啓発の内容などを記入する際に、書きにくい点があり、情報がまとまっているようなまとまっていないようなといった、ふわふわした状態が出来上がっていた。

 

そんな時、トラベラーズノートを手帳やノートとしての使用から切り離して考えた時、しっくりと馴染んだ使い方にようやくなってきたので簡単に紹介したい。

(この記事は2015年仕様のトラベラーズノートである) 

f:id:sho_matsushita:20160112184734j:plain

こちらが私の愛用しているトラベラーズノート

定番の茶色(こちらは中目黒のトラベラーズノートファクトリーで購入)

 

huwahuwa.hatenadiary.com こちらは以前書いたトラベラーズファクトリーのブログ

 

f:id:sho_matsushita:20160112185354j:plain

まずは中身に3種類のアイテムを挟んでいます。

f:id:sho_matsushita:20160112185456j:plain

ジッパーケースは必須

スタバカードやなんかの雑誌の切れ端や空港券などをジッパーに入れます。

紙関係をこちらで管理することで安心して情報を一括できることに成功。

f:id:sho_matsushita:20160112185701j:plain

メインのノートブックは画用紙を使用。

ここは揺るがない本番用の用紙として使っていて、適当に書かないようにしている。

殴り書きではなく、決まったことを丁寧に記入。

写真は持ち物をミニマムにした時に残ったモノの記入。

それ以外にも名言や重要な情報(お金の流れなど)を記入しています。

f:id:sho_matsushita:20160112190025j:plain

画用紙は切れ線がついていて切ることも可能

しかし一番は紙質がしっかりしているため情報ノートしての選別がしやすい。

f:id:sho_matsushita:20160112190137j:plain

写真は画用紙とジッパーとクラフト

3つ目はクラフトである(全て正規品)

クラフトは茶色がかった紙質でメモなどに使用するモノではない

f:id:sho_matsushita:20160112190316j:plain

クラフトは主に旅行用として使用している。

例えば旅先でのスタンプ押し旅行の写真食べた記録などである。

 

トラベラーズノートはまさに名前の通り、トラベラーズに使用するのが一番良い。

よって普段の仕事のメモやアイデア帳などは別の方法で使用している。

 

ノート術は別途、紹介させてもらうのでこの場では割愛しますが、トラベラーズノートの使い方は、ゆる気がない情報・旅・ファイル入れの3つに凝縮するやり方が私のやり方になっています。

 

 

トラベラーズノート traveler's notebook リフィル ジッパーケース 008 14302006

トラベラーズノート traveler's notebook リフィル ジッパーケース 008 14302006