読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわな気分 

旅行と文房具 @YOKOHAMA

日本で四箇所しか売っていない山梨県の桔梗屋工場見学してプレミアム信玄餅買ってみた。 プレミアム信玄餅ってどうなのかレビュー

TRAVEL 山梨県

山梨県に何度か観光に行っているが信玄餅で有名な桔梗屋工場に行ったことがなかったので車ということもあり行ってみることにした。テレビでよく紹介されているアウトレット信玄餅の詰め放題は昼過ぎということで完売していたが、今回は工場紹介よりプレミアム信玄餅の購入レビューをしてみようと思います。

f:id:sho_matsushita:20160816220832j:plain桔梗屋は工場見学のほかにお菓子売り場やお土産売り場などあり駐車場スペースもあるので多くの人がいました。また工場見学は無料なので多くの家族連れがいたことも特徴です。

www.kikyouya.co.jp 工場見学内容は桔梗屋のホームページをどうぞ

f:id:sho_matsushita:20160816221051j:plain

大量の信玄餅が作られています。こんだけ作って買う人がいるのが正直どの工場見学しても驚きですね。

f:id:sho_matsushita:20160816221212j:plain

信玄餅以外も作られていますね。(生産ラインは少ないけど)

9時~16時で工場見学しているそうです。

f:id:sho_matsushita:20160816221728j:plain

こちらが工場スペースにある桔梗屋のお土産品

f:id:sho_matsushita:20160816221836j:plain

この中にあるプレミアム信玄餅というのを発見しました。

プレミアムにあふれたこの時代ですがやはり購買意欲が出てしまいこちらをお土産にしてみました。

f:id:sho_matsushita:20160816222039j:plain

ちなみにこちらは普通の信玄餅(定番のビニール袋)

f:id:sho_matsushita:20160816222006j:plain

 こちらはプレミアム信玄餅(まず袋がビニールではありません 布紙質です)

 

商品 ご紹介価格・アレルギー賞味・消費期限
 2013~2015年 3年連続モンドセレクション金賞受賞

 原料に一層こだわった、こだわりの味。お餅は甘さを抑え、きな粉には極上の丹波種の黒大豆を使用しました。また、蜜は黒蜜に国内で採れたアカシヤの蜂蜜を加え、一層コクのあるまろやかな味わいに仕上がっています。

販売店舗:山梨県内直営店舗、甲斐の味くらべ(甲府駅ビル エクラン)、かぶとや(武田神社前)、談合坂SA上り

8個入 1,600円+税
12個入 2,400円+税
16個入 3,200円+税
24個入 4,800円+税
24個木箱入
(ご予約商品)
5,800円+税

特定原材料七品目は含んでおりません

5日

(出典:桔梗屋ホームページより)

f:id:sho_matsushita:20160816222428j:plain

通常信玄餅

f:id:sho_matsushita:20160816222533j:plain

こちらがプレミアム信玄餅(大きな違いはたれの色が薄いのと粉質)

f:id:sho_matsushita:20160816222702j:plain

安定の通常信玄餅

f:id:sho_matsushita:20160816222845j:plain

こちらプレミアム信玄餅(あれ!?やっぱり違いますのでたれと粉が・・・)そして実は串も高級感がありました。

f:id:sho_matsushita:20160816223017j:plain

食べた感想はやはりプレミアムということで繊細な味でした。しかしながら通常の信玄餅が男性。プレミアム信玄餅は女性。のような違いがあります。プレミアムと通常を両方買ってお土産に渡すと面白いと思います。